どこに依頼すればよいの?ハウスメーカーと工務店の違い

家づくりを幅広くサポート、相性が大事のハウスメーカー

ハウスメーカーは、広範囲にわたる営業網を持ち、土地探し、資金計画からアフターサービスにわたり、家づくりの最初から最後までサポートするサービスを行います。ハウスメーカーごとに独自の工法や生産工場を持っていたり、住宅設備をメーカーごとに指定したりすることによって、コストをカットしていますが、その反面、部材や仕様に制限が生じてしまいます。全国規模で、件数をこなしてこそ利益が上がりますので、合理的な設計と工事によって工期が短くなるのも特徴です。
家づくりには、家を建てる以外にも様々な知識が必要になります。家づくりに関して幅広くサポートしてほしい方や建設時期が差し迫っていて、早く住まいを手に入れる必要がある方、あるいは現在の居住地と離れた場所で家を建てたいと思っている方には、向いているかもしれません。各ハウスメーカーでできることに制約がありますので、好みに合うハウスメーカーを選ぶことが重要になります。

地域密着、地元の評判が頼りの工務店

広く拠点を持つことが多いハウスメーカーに対して、地域に密着した活動をしているのが工務店です。設計から施工まで一貫して行うため、やり取りが早く、打ち合わせをした内容が反映されやすいことが多いことが特徴です。大手ハウスメーカーと異なり、広告宣伝費等がかかっていないため経費率が低く、全体的にコストも低めです。アフターサービスも近くにいるため連絡が取りやすく、すぐに駆けつけてもらえるのも大きな特徴です。
地域に密着している分、地域の気候や実情に精通している場合が多く、小規模ならではのきめ細やかさを期待できますが、それだけに地元の評判の良し悪しが選定の際に大きな判断材料になります。また、設計から施工まで一貫して行うため、プランやデザインを決める際にも施工のしやすさを優先することもありがちです。

新築一戸建ては、建売住宅や分譲住宅、注文住宅など様々な種類があり、各家庭の予算やライフスタイルにあるものを選ぶことができます。