注文住宅のデメリット

注文住宅は入居までに時間がかかる!

マイホームの購入を考えるとき、自分の希望に沿った家を作ることができるので、注文住宅がいいと思っている人もいるかもしれません。確かに注文住宅であれば外観から内装まで自分好みにできますが、実はメリットばかりではないんです。建売住宅の場合は、契約後すぐに入居することができるのですが、注文住宅は設計や見積もりなど決めなければいけないことが多いので、面談を始めてから契約が完了するまでに2か月近くかかることもあります。完成までにも時間がかかりますし、さらに土地を探すところから始めるときは、いい場所が見つからずにいつまで経っても土地探しが終わらないことも考えられるんです。できるだけ早く入居しなければならないなどの事情がある人は、どれだけ時間がかかるかを逆算してから行動に移るようにしましょう。

注文住宅はコストがかさむ可能性がある

注文住宅は自由度が高い反面、途中で工事や設計の変更などにより追加費用が発生することがあります。依頼する会社によっても支払い条件が異なるので、資金計画が立てづらいといえます。土地からの購入を考えたとき、金融機関から融資を受けられるかも考慮しなくてはなりません。自分たちの要望をすべて叶えようとすると、すぐに予算をオーバーしてしまうので住宅ローンの返済も頭に入れて、予算内ですむように絶対に必要だと思う箇所以外はコストを抑えるようにするとよいでしょう。また登記費用や上下水道の引き込み費用、土地を購入した場合は地盤改良などで予想外の費用が必要になることもあります。注文住宅を建てるなら、手間や期間と費用をしっかりと考えることが大切です。